05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 † comment(0) † trackback(0)†
高橋DAY☆
ということで、お昼は高橋知宏さんのお芝居、夜は高橋直純さんのライヴと2人の高橋さんに会いに行ってきました

まずはお芝居へ
余裕を持って行ったはずなのに、駅を出て既に迷子
どちらに進んでいいのか分からず駅前でウロウロそうこうしているうちに開場時間が近づいてきてしまい、これで間違ってたら間に合わないな…と半ば賭けで歩き出したのですが、なんとか辿り着けました(-.-;)

お芝居の内容は…説明するにはちょっと難しいのですが(^^;、とある有名なマンガのタイトルをもじったマンガが雑誌に掲載されていて、それが盗作か否かを見極めるためにそのマンガを読んでいくという現実の世界“リアルワールド”と、そのマンガの世界“カトゥーンワールド”の二つの世界で構成されていたのですが、そのマンガの世界も一つの物語になっていて、劇中のお芝居というのではなく、本当になんだかマンガを読んでいる感じで続きが気になる!(゜▽゜)そんな感覚で面白かったです(内容がブラッ●ジャ●ク的な感じだったからかな(^^;)
カトゥーンワールドでの、高橋さんと母親役の方とのコミカルなやり取りも面白かったですし、母親役の方が出てきた時の、場面が一気に明るくなったあのおおらかな笑い声は本当に素敵でした
他にも感動した所とかもあったのですが、私の文章力では上手く伝えられません…
そのお芝居の中(リアルワールド)で、高橋さんはメガネをかけていたのですが、その黒ぶちのオシャレメガネがめっちゃ似合っててカッコ良かったですビバメガネ
もうかけないだろうから今回のはレアですよと言ってみえたのですが、絶対勿体無いですよー
高橋さんは本当に優しい方で、終わった後のお話もたっぷりさせていただけました

そして、そのホクホクの気持ちのまま次のライヴ会場へ



担当:結梨
直純さんライヴ、10公演目のホールです
今回はチケット運が良く、2日共真ん中で見られました
ホールならではのセットやメンバーも堪能できましたセットすごくキレイでした(詳しくは明日

今日のトークで印象的だったのは、今回はグッズ用のTシャツは作って無かったのですが、スタッフ用のTシャツがあって、それがめっちゃカワイかったんです
で、「カワイイー」って皆で言ってたら、「欲しいの」って話になって、もちろん「欲しーい」との答えに、「じゃあ作ります(^^;)」て作る方向に進めてくれることになりました
今回Tシャツを作らなかった理由が「前に冬のライヴの時にTシャツを作ったら沢山在庫ができちゃったから、冬にTシャツは要らないのかと思って(^^;)」との事。いや、それは冬だからとかじゃなくデザインの問題…とはとても本人には言えませんが(><;)
今回のはキャラクターが載っててとってもカワイイんです
やっぱり相手(お客さん)は女の子ですからね。女の子は可愛いものが欲しいんです

それから恒例のビデオ撮影。
今回新たな事実が判明しました
自分で買ったと言っていたビデオカメラ、実は経費でした(笑)
「でも私物みたいな物だから~」とのこと。でも、なんとなく…なんとなくショック……(^▽^;)
毎回その土地にあった言葉でウェーブしてきたこの撮影、この渋谷の地では“やわらかヒレステーキ~”でした( ̄▽ ̄;)
その理由は…直純さんが渋谷の高架下にあるペッパーランチ(?)のやわらかヒレステーキが好きだから
やっぱり食べ物…(^▽^;)そして、もう目的がよくわかりません(笑)
でも、「皆初めは嫌々やってる感じだったのが、だんだん楽しくなってきてるみたいなのが面白い(笑)」という直純さんの言葉に、確かに4回もやってる私は既に何かを捨てたのか、楽しんでました( ̄▽ ̄)

ここまで来たら、最後まで(いやどこまでも)着いていきますよ
いよいよ明日はファイナル~
高橋直純comment(0)trackback(0)
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
COMMENT
この記事のトラックバックURL
http://genkistar.blog56.fc2.com/tb.php/355-5e175f0c
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。